ウェットタイプのドッグフードの注意点

  • ウェットタイプ

ウェットタイプのドッグフードの注意点

ドッグフードを食感で分けると、堅い順に「ドライタイプ」「セミモイスト・ソフトドライタイプ」「ウエットタイプ」の3種類で、最も大きな違いは水分含量です。
日常食としては「ドライタイプ」か「ウエットタイプ」となりますが、どちらにもメリット・デメリットがあります。

ドッグフードを選ぶとき、扱いやすさや経済性を考えればドライタイプですが、人間から見てもかぐわしい香りで、犬も喜ぶウエットタイプも人気です。
「ガツガツ」食べる様子を見ると、「そんなに好きなら、こればっかりにしちゃおうかな」と思うのが人情というもの。
必要な栄養素が過不足なく摂れる総合栄養食は、従来はドライタイプが殆どでしたが、近年ではウエットタイプも多く販売されています。
日常食としてウエットタイプを選択できるとなると、その点でも迷うのではないでしょうか。

両者を比べると、水分量が10%前後のドライタイプは、保存しやすく堅いために歯垢がつきにくい点で優れている反面、高齢犬など歯が弱っていると食べ辛くなります。
一方、ウエットタイプは水分量が75%前後で、缶詰やパウチなどの密封容器に入っていますので、香りも良く食べやすく、愛犬にも好まれます。
ただし、金額的に高い、開封すると傷みやすい、歯の間に挟まり歯垢の原因になりやすい、というデメリットがあり、歯のケアや鮮度の確認などが必要です。

ウエットタイプを日常食として与える際に注意したいのが、選んだフードが「総合栄養食」かどうかなど表示を確認することです。
多くの場合、総合栄養食のパッケージにはペットフード公正取引協議会がそれを認めたことが書かれています。
加えて、保存料や添加物についても確認してください。
さらに、美味しくて食べ過ぎてしまい愛犬が肥満に陥る危険がありますので、食事の量についてもしっかり管理することが必要です。

嗜好性の強いウェットフードは、日常食にすると舌が肥えてしまうので、栄養面からみてもご褒美程度にあげるほうが賢明です。
よく食べるからといって、メインのフードとして使用しないよう心がけましょう。
また、食べやすさの観点から、歯や消化機能の弱った老犬、病気の犬には有効です。
ウェットフードにもさらにいろいろなタイプ(フレーク、パテ、スープ)があるので、よりペットの反応がよいものを選んでみましょう。

ペットショップなどでは、驚くほど多くの種類のドッグフードが並んでいますが、個体ごとに嗜好も違いますし、愛犬に合ったものを探すとなると、なかなか大変です。
ウエットタイプも千差万別ですが、余りに安価な物は、原材料の問題で病気の原因となる可能性があります。
どうかこの点にもご注意ください。


ページのトップへ戻る