幼犬にはどんなドッグフードがいいの?

  • ウェットタイプ

幼犬にはどんなドッグフードがいいの?

幼犬にはどのドッグフードが良いのだろうか? 
幼犬期っていつからいつまで? 
幼犬に成犬用のフードをあげてはダメなの? 
いざとなると悩む方もいらっしゃると思いますが、幼犬には幼犬用に作られ、必要な栄養素がすべて入った総合栄養食のドッグフードが基本です。

ドッグフードにはライフステージごとに作られたものが販売されています。
基本として、幼犬には幼犬用を、成犬には成犬用を、そして、高齢犬には高齢犬用をあげて下さい。
ライフステージに合わせた食生活が日々の健康と結びついています。
人間と同じように、どんどん大きくなる時期にはたくさんの栄養が入った食事が必要ですし、ある程度以上の年齢になれば、あまりに脂っこい食事などはかえって健康を損ねます。

幼犬の場合はぐんぐん成長するために高い栄養が必要ですが、大量には食べられないので、少量で栄養価が高い幼犬用ドッグフードが最適です。
一度に大量には食べられませんので、フードの酸化を避けるためにも、一日3~4回に分けてあげて下さい。

犬の場合は、生後30日位までが哺乳期で母乳か犬用ミルクで育てます。
生後20~60日位が離乳期となり、離乳期用のフードか子犬用のものをミルクなどでふやかして与えます。
そして子犬用のフードが適切な時期、幼犬期(成長期)は、小型犬で生後10ヵ月程度まで、中型犬は1歳くらいまで、大型犬については生後1年半くらいまでです。
なお、高齢犬期は、犬種や個体差が大きいのですが、目安として7~8歳以降とされています。

離乳期から幼犬期への切り替えや、幼犬期から成犬期に移る時には、フードの切り替え方に悩む方もいらっしゃるでしょう。
急に、今日から成犬用、と線引きするのではなく、一週間程度かけて徐々に新しいフードに切り替えていくのがコツです。

なお、幼犬期用のドッグフードも種類がいろいろありますが、求められる栄養素をしっかりと把握しながら購入することが大事です。
例えばカロリーは大人の犬と比べて2倍必要となります。
体の大きさも1年間ですくすくと育つため、それ相当のエネルギーが必要といえるでしょう。
また丈夫な骨を作り上げるためにも、カルシウムやリンといった栄養が求められます。
こちらは大人の犬の3倍程度を基準に考えるよう心がけましょう。
それ以外にも、添加物などにも気を付けて選ぶようにしましょう。

幼犬用のフードはカロリーが高い為、必要以上に長い期間食べていると愛犬は肥満します。
また、成犬用のフードは幼犬にとっては栄養が少ないので、栄養失調の可能性さえあります。
しつこいようですが、幼犬には幼犬用のドッグフードをおすすめします。


ページのトップへ戻る