素材にこだわるとペットに影響する?

  • ウェットタイプ

素材にこだわるとペットに影響する?

棚に数えきれないほどの種類が並んだドッグフードは、同じように見えてもそれぞれに特徴があり、細かく見れば、使われている原材料もさまざまです。
対象年齢や風味の違いはパッケージに大きく書かれているのですぐに分かりますが、原産国や原材料名などはあまり見ていない、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

2009年に施行された「ペットフード安全法」では、国内で流通するペットフードの安全を確保するためにさまざまな条項が設けられています。
業者には届出の必要があり、成分規格や製造方法を守らないと販売禁止にもなります。
輸入・製造・販売の記録を残す必要があり、業者に対する農水省・環境省の立ち入り検査についても記されています。
また、ペットフードには「名称・原材料名・賞味期限・製造業者の名称と住所・原産国名」の表示が義務付けられました。

多くの製品では、各表示はパッケージの側面などに小さな字で書いてありますが、特に原材料名や原産国名などは、一度はしっかり見ておいた方が良いかも知れません。
ただし、犬の場合は犬種が多く個体差も大きいので、どういう原材料をどのくらい含有しているフードが良い、と一概に決めつけることは難しいです。
また、ご存知の通り年齢によって必要な栄養分の割合・カロリーなども変化していきます。
食品添加物などについても気になる方は確認されることをお勧めします。

原材料については、さまざまな意見がありますが、身体を作るのに不可欠なたんぱく質はどのようなものを使っているのか、といったことは知っておいた方が良いでしょう。犬も人間と同じように、口にするもので体調を崩すこともあれば、元気が出ることもあります。体重、毛の艶、湿疹など、ドッグフードが体調変化の原因の一つにもなりますから、愛犬の犬種・年齢・運動量などの状況を考えて管理することが必要です。

もちろん、ドッグフードは値段が高ければ安全で愛犬の健康にも良い、ということでもありません。ただ、安すぎる製品については好ましくない原材料を使っている可能性があり、注意が必要です。フード選びについて不安なときには、獣医師など知識のある方に一度アドバイスを求めるのもよいでしょう。

ページのトップへ戻る