酵素のドッグフードとは

  • ウェットタイプ

酵素のドッグフードとは

総合栄養食のドッグフードは、必要な栄養素をすべて含んでいます。
基本的には水と総合栄養食を摂っていれば、ペットは健康を保つことができます。
原材料や含有栄養素はそれぞれ特徴があり、酵素を配合しているものもあります。

犬にとって必要な消化酵素は、タンパク質を分解するプロテアーゼや、炭水化物を分解するアミラーゼです。
これらが不足してしまうと食物の消化が悪くなり、吹き出物や腹痛などの原因にもなります。
その他にも、胃液に含まれているリパーゼは、脂肪を分解する際に欠かせない消化酵素といえます。

通常、総合栄養食のドッグフードと水分を十分にとれば、犬は健康に過ごせます。
しかし、もし体内の製造能力が追い付かず、酵素不足が起これば膵臓や胃腸といった部分でトラブルを引き起こしかねません。
そこで考えてみたいのが、ドッグフードの原料に表記されている消化酵素の種類を、どのように選んだらいいのか、という点です。

例えば、通常のフード加工後に酵素を含めた健康成分を加え、腸内環境を整える作用をプラスしたものがあります。
また、原材料には酵素が含まれていますから、高温で処理せずに低温プレス加工で作られたドライタイプのフードのなかにも酵素が含まれています。
さらに、食事と一緒に摂取して余分な栄養を体外に出す働きで腸内環境を整えられるのがドッグ用のサプリメントです。
他にもドッグフードに振りかけて腸内の微生物に働きかける発酵野菜パウダーなどが製造されています。

元気が無かったり、毛にツヤがなくなったり、肥満傾向が見えたり、おなかの調子が悪かったり、といったとき酵素を与えて腸内環境を整えることを考えてはいかがでしょうか。

ご存知のように人間用の酵素製品には健康・美肌効果などがあります。
ペット用にも同様の効果が見込まれ、サプリやドリンクなど気軽に試せる製品も発売されています。
もちろん、人間と同様に日々の健康や老化防止にも役立ち、老化防止効果も期待できるそうです。


ページのトップへ戻る